<< 6月のデザート | main | デリのおすすめ >>

博多ミラベル

6/12(木)「博多ミラベル21」の定例会が
ラ・カロッツァで行われました。

ディナー営業が終わった夜10過ぎ
最初に来られた旬Fujiwaraの藤原シェフと
アトリエOKIの沖シェフが、さっそくテラスで白ワイン
まもなく三々五々会員の方が集まられとりあえず生ビール・・・

11時からの会議はサクサクっと終わって
本題の宴会が始まります。

本日のメインディッシュはjunjun担当短角牛の炭火焼き



縞鯵のサラダ仕立て


フロマージュとKAIちゃん担当パンドカンパーニュ


M女史担当手まり寿司


ksbスーシェフ担当 鰻の蒲焼
saiケータリング主任担当 木の子のパスタ

ラ・カロッツァのキュイジニエたちの心を込めたお料理が
順調に運ばれました。

みんなの手際のよさにシェフも今年は安心の様子で・・・

「今日は遅くなるから、みんなも何か飲みながらやって」
というシェフ言いつけをちゃんと守って
素直な我らはそれぞれ好みのドリンクを片手に・・



お酒があまり強くないM女史は
揺れながら手まり寿司を丸めてました
「ダイジョブかな〜」の
KAIちゃんの心配をよそに
実は料理スタートの12時には我らは絶好調だったのです。




シェフごめんなさい!
僕、生ビール9杯も飲んじゃいました。


給料天引きでお願いしますっ!!

ちなみに肝心のミラベルのシェフの方々のphoto
撮るのを忘れました。

もひとつごめんなさ〜い

at 10:01, , レストラン新着情報

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。